Home > 経営学 > 名所旧跡めぐりin愛知

名所旧跡めぐりin愛知

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本日、浜松への仕事の移動途中、たまたま高速を降りたら、
川で水遊びしている姿を見かけました。
何処の子かもわからないけど、何だかいいなぁと思いながら、
通り過ぎるつもりがついつい立ち止まってしまいました。(*^_^*)

IMG_9798

まだまだ子供だと思っていた二人の娘が早いもので、
長女は来年成人式、次女も今年17歳。
ついこの間まで、バブバブいって、夏休みになるといろいろな所に連れていって、
夏休みの友を一緒に仕上げて、
絵日記を毎日書くにはネタ作り、と思ってあちらこちらに連れて行ったのが、
今から10年から15年前です。
わぁ、懐かしいけど、何だか、娘の成長は寂しさもあります。(≧∇≦)

次女は、子供の時から水遊びが好きで、とにかく夏休みは流水プール、
冬休みは遊園地、動物園、水族館、そんな休みの使い方でした。
あの時は、私もまだ主婦で、子供と家族のためだけにつかっていたロングバケーションが、
今では、休みの予定は考える事もなく、子供達も自身の予定がある状況です。

あれほど長かった夏休みも今は、月日の経つのも早く感じ、
こんな風に年を取っていくんだろうなぁと思い、
河原で遊んでいる親子を見ながら、羨ましくもあり、懐かしくもあり、
いろいろな感情が生まれてくる光景でした。

こんな事を思うのは、はじめてです。
子育て真っ最中の際は、それが幸せとも気付かなかったけど、
今思えば、あの時は、映像としても幸せな親子だったのかもしれません。

今、子育て真っ最中の方に伝えたい!!今という時間を大切にしてください。
数年後、懐かしい気持ちより、寂しさの方が倍増するようではいけません。
精一杯の時間を使ってほしいと思います。

私自身も今だから言えることです。(≧∇≦)

どんどん浜松の方に進んでいくと、
今度はあの有名な長篠の戦いの合戦場や日本の100名城に選ばれた長篠城があり、
時間がないのに、ついつい目移りして、写真を撮りまくりました。

IMG_9800

わぁ~さすがに中には入れませんが、本陣もこの近くにあるみたいなので、
長女は歴女なのでまた連れてこようと思います。

あーこのコースめぐりたいーー!!長篠の戦いをめぐるコースだそうです。

IMG_9810

もう少し早起きして移動するべきでした。
先方さんとの予定も13時半なので、もう、ご飯食べる時間もないしー、困ったなぁ~(≧∇≦)

ここは日本一の火縄銃の記念館の屋上です。

IMG_9817

向こう側に見える大きな山は、何と徳川の本陣の禅正山で
手前の大地が、武田軍の本陣だったそうです。

左側に見えるのは、武田信玄最後の戦いの野田城だそうです。
何も知らなかったら、小高い大地と山にしか見えないけど、ここに歴史の痕跡が詰まっています。
何だか、鳥肌が立ちます。

武田軍の狼煙でもある風林火山語源です。

IMG_9824

疾風のように行動するかと思えば
林のように静まりかえり
烈火の勢いで襲撃するかと思えば
泰山のように微動だにしない
暗夜ひそかに行動するかと思えば
雷鳴のようにとどろき渡る。

故其疾如風(故にそのはやきこと風の如く)
其徐如林(その静かなること林の如く)
侵掠如火(しんりゃくすること火の如く)
不動如山(うごかざること山の如し)
難知如蔭(しりがたきことは蔭の如く)
動如雷霆(うごくことらいていの如し)

さらに下るとあるわ、あるわー

馬防柵です。
字のごとく、馬は通れない柵です。

IMG_9830

えんえんと棚木岐阜よりかつぎくる

織田、徳川連合軍にとって勝利を呼ぶ重要な布石である馬防棚、
一方武田軍にとっては、勝利を阻む痛恨のしがらみになった馬防棚だったそうです。

しかし今もなお、この痕跡を残しているのは素晴らしいことです。
今後も歴史を語る上で重要な柵として語り続けられるのでしょう!!

わぁ~今日は何だか、鳥肌たちまくりです。

お昼に川魚といえば、鮎ですよね?鮎の塩焼きを頂きました。

IMG_9842

本日は、愛知から浜松に向かう道中、たまたま高速を降りてしまいましたが、
長篠城跡や合戦城、日本一の火縄銃、徳川軍、武田軍の控えていた場所、
さらに、織田、徳川連合軍による馬防棚の勝利の布石を見ました。

思わぬ遭遇にびっくりして、お腹も頭もいっぱいです。
ですが、腹は減っては戦はできないので、お昼もちゃんと頂きました。

鮎と大好きなトウモロコシを頂き、この後、炊き込みご飯とお味噌汁を頂き、いざ出発進行です。
キンダーガーデンを完成させるのを夢見て、浜松に向かいますε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘

ランキング参加中です。この記事がお役に立ちましたらクリックをお願いします。

  • にほんブログ村 経営ブログ 女性社長へ
  • fc2ブログランキング
  • ブログランキング
  • くる天 人気ブログランキング
  • blogramで人気ブログを分析

コメント 8件

メグ 16-08-01 (月) 9:29

さゆりさん
高速道路は便利で早いですが、こうやって高速を降り、地元の道を走るとたくさんの発見がありますね。
今度、浜松に行く時に私も行ってみようと思います。
本当に、今は子どもたちは自分たちの予定でいっぱいで私と出かけるような事がなくなりました。特に男の子なので皆無です(>_<)
夏休みに色々出かけて、一緒に過ごした時間は今となればいい思い出ばかりです。

けんつま 16-08-01 (月) 10:11

さゆりさん、子供って水遊び大好きですよね!?
昨日も帰宅後のわずかな時間に、川に連れて行かされましたよ。
夏休みと言っても、学童と幼稚園なので、他の子よりは夏休み感がありませんが、
彼等なりに夏を満喫してくれている様なので、私も頑張ります!
子供たちが歴史に興味を持ち始めたら、こうやって名所を一緒に回るのも楽しそうですね。
本の中だけでなく、実際にこうして目で見ると、より興味も持ってくれそうですし!

SAYURI SAYURI 16-08-01 (月) 10:27

メグさん

コメントありがとう
メグさん、本当、夏休みか懐かしいねぇ、ついこの間まで、夏休みの友とか自由研究とか一緒にやってたのに、それが今から10年前とか?ですよね?(≧∇≦)

河原でいる姿をみて、羨ましい気持ちも懐かしさでいっぱいです。浜松までの高速下に降りてみてください。(^ ^)

SAYURI SAYURI 16-08-01 (月) 11:12

けんつまさん

コメントありがとう
そうそう、けんつまさん子供って水遊び好きですよね?(^ ^)でも、10センチのみずかさがあれば、事故の起こる危険性があります。
なので、目が離せないですよね?(≧∇≦)
でも、プールは子供も喜んでくれるので、私もよく行ってました。

歴史に興味をもつのは、歴史を見せるのが一番だと思います。いろんなところに連れていって、歴史も見せていくのは、凄い興味付けになると思います。(^ ^)

りゅら 16-08-01 (月) 18:37

さゆりさんお疲れ様です。
さゆりさんが専業主婦だった頃が懐かしいです。娘さんが赤ちゃんの頃よくお邪魔しては
さゆりさんの手作りご飯をおよばれしてました。娘さんも立派に成長されて、自分達の時間が必要になってくるんですよね。
私はまだ子供達がベッタリ寄り添ってくるので、親離れ、子離れには時間がかかりそうですので、子供との時間を大切にしたいと思います。アドバイスありがとうございます!
浜松には歴史好きには堪らない場所がたくさんあるんですね。

SAYURI SAYURI 16-08-02 (火) 8:33

りゅらさん

コメントありがとう
わぁ〜懐かしいですね?そんな頃もあったね?(*^_^*)
りゅらさんのお好み焼きも今となっては、一昔前になりました。それは、教えた、育てた人が育つという事ですよね?(^ ^)

りゅらさん、子供さんには、しっかり時間とってやってください。今しか出来ない子も沢山あります。今は、夏休みの友をこなしてる頃かな?というか今もあるのかな?
まだ、夏休みも始まったばかりですか、後一カ月、休める時は、いろんな経験をさせてやってくださいm(_ _)m

peko 16-08-02 (火) 12:29

sayuriさん
私はもう夏休みを実感出来るような日常が無くなってしまって、チョット寂しいです~が
私の夏休みに合わせて孫が来てくれるそうなので・・・楽しみにしています
歴史に関係のある名所ってたくさんあるんですよね~日野市は新選組ゆかりの地として
土方歳三関連の名所が有りますが・・・通りがかっても行った事がないのです^^;
いつかsayuriさんをご案内できるように、今度地元の名所を見て回ろうかな~なんて読んでいて思った次第です~その時は又報告しますね~

SAYURI SAYURI 16-08-03 (水) 13:13

pekoさん

コメントありがとう
そうね、夏休みが随分前な感じですよね?同感です!!
今後は、貫太郎くんが来てくれるから、賑やかになりますね?もう少しで、プール、プールと騒ぎますよ。(*^_^*)
私も早くおばあちゃんになりたいです。

名所とか是非、案内してください、楽しみしています。(*^_^*)

コメントフォーム

※承認制ですので、少しお時間がかかる場合がございます。

入力した内容をクッキーに保存しますか?

Home > 経営学 > 名所旧跡めぐりin愛知